スポットアルバイト医師求人を検索

スポットアルバイト医師の採用事例

男性(20代後半、整形外科)
出身大学の医局にいますが、普段は忙しくアルバイトもできないため、まとまった長期休暇などにできればと相談しました。するとまもなく、九州の山あいにある医療機関の3泊4日のアルバイトを紹介していただきました。普段は都市部で勤務していますので、地方の医療現状もまじまじと見ることができ、スタッフの方々にも暖かく接していただき感謝しています。
整形外科のスポット求人を探す
女性(30代後半、心療内科医)
夏冬のまとまったお休みに、それぞれ3~4日ほど地方の医療機関でまとまってアルバイト勤務をしています。往復の交通費(飛行機代)とホテル代も全額負担していただき、勤務はそれなりに忙しいですが、終わった後に必ず温泉に入って帰ります。ちょっとした小旅行気分で、いつも行く前からワクワクしています。
心療内科のスポット求人を探す
男性(30代後半、内科医)
近い将来、父親が院長を勤める病院を継ぐ予定になっています。私自身、医局にいる期間が長かったので民間病院の経営についてはほとんど知識がありません。そこで、様々な病院で日勤、当直などでアルバイトすることにしました。慣れてくると、その病院の問題点や評判が見えてくるものです。これらをある種の反面教師に、自分の病院の経営を行っていこうと決意しているところです。
一般内科のスポット求人を探す
男性(30代前半、救命救急科)
現在、急性期病院で勤務しています。救命救急科なので勤務先の当直担当日が前月中頃でないと分かりません。ギリギリの前月末に医療機関と調整し、「勤務日・勤務日数」が決定できる当直アルバイト先を見つけてもらいました。自分ではなかなかこういった案件が見つけられなかったのですが、コンサルタントの方に粘り強くリサーチしていただきました。
救命救急科のスポット求人を探す
女性(30代前半、麻酔科)
現在ヨーロッパの医大に臨床留学をしています。日々学ぶことも多い分、かなりの費用がかかります。そこで年2回の一時帰国時にまとめてアルバイトを行うことにしました。それまで全く経験がなく不安でしたが、コンサルタントの方にSkypeなどを使い都合のいい時間帯に都度連絡をいただいたことで、それらの不安も払拭されました。
また海外での体験談を院先生と話したところ、留学が終わったらぜひ来て欲しいと非常によい好条件でお誘いもいただいているところです。
麻酔科のスポット求人を探す