常勤医師求人を検索

常勤医師の採用事例

出産後、医局派遣では家庭との両立が出来ない
30代後半(女性)・循環器内科
0歳児から預かってもらえる託児所の手配やシッターの契約等、考えられる事はしてきましたが、それでも他の常勤医師と同様には働けず、片身の狭い思いをしていました。提案された病院は、院長が小児科医師で、万一子どもが病気になった際には、預かっていただけるということでした。本来ならそのような事はないのでしょうが、コンサルタントの方が気を利かせて、院長に交渉して下さいました。理解し応援してくれる同僚に囲まれ、常勤勤務を諦めなくて良かったとプレドクに感謝しています。
循環器内科の常勤求人を探す
評価されない環境ではなく、評価される環境へ
30代後半(男性)・整形外科
大学病院勤務にて講師として臨床・手術や外来等、多忙な生活を送っていましたが、年功序列の給与体系に疑問を持ち、自身の多岐にわたる症例を評価してくれる医療機関で働きたいとの思いを強くもちました。多くの紹介会社では希望年収ありきで話が進みうまくいかなかったケースも多かったのですが、プレドクでは金額よりも先に、どれだけ病院に貢献できるかを症例を基に最大限アピールしていただき転職成功につながりました
整形外科の常勤求人を探す
腰を据えて勤務がしたい
30代後半(男性)・呼吸器外科
大学医局派遣で、数年単位で勤務先を変わっていたため、一箇所で落ち着いた勤務をしたい。また、急性期から慢性期まで一貫して1名の患者を診たいと希望。大学の関連施設が多い地域で、外部からの医師を受け入れない病院も多かったが、過去に医局派遣で同じ思いを感じられた院長先生のおられる病院に出会う。地域に根ざした医療を一緒に築いていこうとオファーをいただき、医局では体感できなかった夢の実現ができています。
呼吸器外科の常勤求人を探す
残りの人生を地域医療発展に注ぎたい
50代前半(男性)・腎臓内科
大学病院で医長を、地域機関病院で血液浄化療法の部長として活躍。残りの医師人生は地域医療を行いたいという理念があり、プライマリケア認定医も取得済でした。週2日程度の外来の他、プライマリケアとして、循環器・腎保存療法・高血圧・代謝・アクセス手術に携わりながらの勤務を希望。臨床のみではなく、診療科やクリニックの立上げ経験を評価していただき、新規開設の透析センターのセンター長のポジションをご紹介いただきました。
腎臓内科の常勤求人を探す
結婚の為、転居が必要。新たな環境で新たなスタートを
30代前半(女性)・消化器内科
大学院在籍時に結婚したが、別居生活中。学位も取得し、同居を考えての転職でした。これまで縁のない他府県への転居となり、土地勘もなくどのような病院があるのかさえ知りませんでした。情報収集の為にと相談の連絡をしたところ、現在の状況と転職理由から、女性医師支援のある病院の紹介を頂きました。子供をすぐに、とは考えていませんでしたが、女性目線のコンサルティングをしていただいたと感じています。子育てで常勤勤務を退職する医師仲間もいますが、将来は子育て・仕事を両立するママさん医師を目指したいと思っています。
消化器内科の常勤求人を探す
体調不良による転科希望
40代前半(男性)・心臓血管外科
大学病院での心臓血管外科としての勤務は多忙を極め、それにより体調を崩してしまいました。半分療養しながら勤務を続けていた為、しばらくハードワークは無理だと感じており、転科を希望しました。しかし他科の経験が全くないのでどうしたものかと思っていましたが、コンサルタントより、循環器内科医師を募集しているリハビリテーション研修認定施設を紹介されました。仕事内容は、リハビリ科として入職し、循環器医師の手が足りない部分の外来枠を週2回埋めるというものでした。大学病院では考え付かない勤務内容でしたが、経験を活かせるならと決めました。
心臓血管外科の常勤求人を探す
医師としての集大成を考える
50代後半(男性)・総合診療科
定年を控え自らの医師人生を見直し、自分の力をどこで役立てることが出来るのかを考えていました。医療がなく本当に困っている場所を希望したところ、医師の偏在が大きいエリアを割り出してくれました。地方なので面談はさすがに遠く感じましたが、診療所の裏には畑があり、妻も赴任を楽しみに転居の準備をしていました。町全体で歓迎してくださり、嬉しく思います。
総合診療科の常勤求人を探す
あこがれを追いかけての転職
40代後半(男性)・産婦人科
子供の頃から北海道での生活に憧れをもっていました。担当のコンサルタントが、医師を募集している病院の情報だけでなく、北海道の情報を沢山下さいました。豪雪地帯とそうでない場所がある事や、1年を通した生活環境の情報なども集めて頂け、北海道民がどのような生活を行っているかまでイメージ出来ました。
産婦人科の常勤求人を探す
晩年は沖縄の地で暮らしたい
50代後半(女性)・眼科
かねてより晩年は沖縄で暮らすと決めており、憧れの土地で思い描いた生活を満喫したいと思っていました。島での勤務を希望したのは、地域の患者様は本土まで行かなければ診療を受ける事が出来ないと思ったからです。眼科のみではなく、内科の勉強を行ったのもそのような経緯からでした。希望を叶えて頂き、感謝致します。
眼科の常勤求人を探す
研究から予防医学の道へ
40代前半(男性)・脳神経外科
脳神経外科として急性期医療に携わった後、大学にて研究をメインに勤務していましたが、病気になる前になんとか出来ないかと考え、予防医学の道を決意しました。紹介して頂いた病院は、脳・神経内科分野の予防医学に興味を持ち、健診センターにて立上げたいと思っているものの、これまで実現できなかったとのことでした。急性期から回復期リハ、緩和病棟もあり、一貫した治療に取り組める環境が魅力的に映りました。院長先生から「脳外の健診はこの地域では遅れている。先生の力を貸してくださいよ」と言われた事が決め手となりました。
脳神経外科の常勤求人を探す