非常勤医師求人を検索

非常勤医師の採用事例

男性(20代後半、形成外科)
勤務する急性期の病院は3次救急に指定されていることもあり、朝から晩までひっきりなしに救急車が到着し、その都度戦場のような光景が展開されます。一息つくどころか気づいたら昼食も食べずに夜になることも少なくありません。 そんな中、隔週で入っている某病院の日当直勤務は、巡回をしたら、緊急時以外は当直室で待機している内容で、疲れた心身にひと時の休憩をくれます。 美味しい食事も出ますし、ネット環境も完備されていますので、おすすめです。
形成外科の非常勤求人を探す
男性(30代前半、消化器外科)
海外留学準備で、苦手な語学学習をみっちりしたいと思い、週1回の勤務を3本行いました。担当コンサルタントの方は、自宅からほど近い病院は勿論のこと、外国人が比較的大勢来る病院の案件なども探していただき、勤務することになりました。こちらの事情を的確に把握していただき、具体的なお願いをしなくても探していただける姿勢に感謝しています。
消化器外科の非常勤求人を探す
男性(70代前半、内科)
70歳の誕生日を機に、それまで勤めていた病院の院長職を引退しました。毎日家にいる生活は最初のうちは良かったのですが、しばらく経つと当時の日々が思い返され、「少しの時間でも患者さんの役に立ちたい」と思うようになりました。そこでネットで見つけたソシオさんに相談。週2回の勤務で、高齢患者の多い医療機関の内科外来を紹介していただきました。同世代の方々のお役に立てるということで非常にやりがいを感じています。病院ごとの患者層の動向を掴むことは、自分だけではなかなか難しいことだと思いますので。
一般内科の非常勤求人を探す
男性(40代前半、内視鏡内科)
ある大手メーカーの産業医に転職をしました。大勢の社員の健康管理という仕事のやりがいは強く感じたのですが、問題はそれまでやっていた内視鏡検査の腕が鈍ってしまうことでした。その点は担当コンサルタントの方も当初から懸念していたようで、研究日の午後、半日だけ内視鏡検査ができる医療機関の求人をご提案いただきました。おかげで内視鏡のスキルをキープしたまま、産業医の勤務を頑張ることができ感謝しています。
内視鏡科の非常勤求人を探す
女性(30代前半、消化器内科)
現在大学病院に勤務しておりますが、サイトで見つけた近隣の1次救急の病院にて当直勤務を行いたいと考えました。しかし、入り・上がりの時間ともにタイトで、自分で交 渉するのは難しいと諦めかけていたところ、担当コンサルタントの方が医療機関側と粘り強く交渉していただき、勤務を開始することができました。院長先生にも大変喜んでいただき嬉しく思っています。
消化器内科の非常勤求人を探す
女性(30代後半、外科)
両親の体調が思わしくなく、隔週で週末に実家に帰ろうと思っていたところ、新幹線代支給で土曜日の午前中だけ入れるアルバイトを紹介していただきました。院長先生にも個人的な事情を考慮していただき、定期的に帰郷することもでき、両親も喜んでくれています。
一般外科の非常勤求人を探す
女性(40代前半、小児科)
夫が、地方にある医科大学の教授に就任することになりました。私にとっては初めての土地で、どこで就職先を探していいいか途方に暮れていたところ、ソシオメディカルさんの存在を知りました。その地域の医療状況や各病院の特徴などを的確に捉えていて、いくつかの病院を紹介していただき、無事にその中の1つに勤務が決まりました。自分ではなかなか情報収集できなかったため、代わって探していただく姿勢には感謝しています。
小児科の非常勤求人を探す